About HTML Color
Since February.6.1997

ようこそDakinyのColor Chartへ
DakinyのColor Chartへようこそ

WEBがより多くの人に(あなたの)想いを伝えるものだとしたら…
 
きっと、あなたの想いをもっとも理解してもらえる配色があるはず.
そんな私からの願いを込めて、このコンテンツを作りました.
ねっと・サーフィンしていると、背景の色が、無意味に黒や白のページが多いよね.
わたしは、もともとグラフィック・デザイナー出身だから、どうしても色にこだわっちゃいます.
なんで、こんな色、背景につかってんの?とか、げっ!この配色はなに?と思っちゃう(^-^;;;
色ってさぁ、感情があるんだよね!やさしい気持ちになれる色とか、怒りを表現する色とか、悲しみをあらわす色だとか. 想いが伝わってこないんだよね.
これを読んで、HTMLで使える色の仕組みがわかれば、使える色も広がるから、色を変えるだけで、ずいぶん素敵なホームページになるよ(^-^)

えっ!ずいぶんタカビーだって、これはもともとの性格です(自爆)


表示の仕組み

HTMLでの色の表示の仕組みは000000(黒)〜FFFFFF(白)までのRGBカラーを16進法であらわしていて0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,Fの16種類の英文と数字6桁の組み合わせで表現されているの.
6桁の数値の最初の2桁が赤(R)、中の2桁が緑(G)、終わりの2桁が藍(B)をあらわすんだよ.
理論的には16×16×16×16×16×16=16,777,216色の表現が可能になるわけ.

000000(黒) FF0000(赤) FFFF00(黄) 00FF00(緑)
00FFFF(青) 0000FF(藍) FF00FF(赤紫) FFFFFF(白)


とりあえず、体験してみてね(⌒∇⌒)!

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,Fの中のアルファベットと数字の中から、てきとうに6文字選んで、半角文字で枠の中に入力してみてね(^^)/

背景の色が変わったでしょ(^^)


色を学び、色で遊びましょう(⌒∇⌒)!
 


Dakinyのホームページもちゃんと見てね(^^)