Today's Dakiny June, 2005

 

Dakinyです。

6月になった。私にとっては1年でもっとも好きな季節。なぜならば日照時間が長いから。

 

本日もMovable Typeをさわっている。ライブドアブログのように、プラグインが最初から備わっているわけではないので味もそっけもない画面をさわっていると、つくづく、ライブドア・ブログはよくできているなと感じる。

でも、いちばんしたいことはエントリー画面のカスタマイズ。写真に対してテキストの回り込みを行いたいので、力技でCSSファイルにクラスを追加して、入力フォームにクラスを設定しても表示画面に反映されない(汗)。

どうやらタグは使えるが、CSSは使えない設定になっているのではと推測する。

Perl部分の変更は私のスキルでは無理なのでN君やI氏に頼むことにする(笑)。

お願いするためにも、こうしてほしいと考える表示画面をPhotoshopで作ることとしよう。

今日のテーマは「最近の若者は何を考えて仕事を選んでいるのかな?」ということ。

午後2時、ハローワークからWEBデザイナーとして働きたい若者がいるとの連絡があった。「今日なら来てもらっていいですよ」と返答すると「書類が揃ってないので本日は訪問できません」とのこと。

書類なんかなくても、質疑応答(基本知識の確認)と簡単な技術試験(無料サイトでのブログの立ち上げとカスタマイズ)を行えば適正はわかりますので…と伝えると、書類がないのでまた後日の一点張り。好意を断るのでは仕方ない。

面接要項に記載されている「Photoshop、Dreamweaverが使える」「Windowsの基礎知識がある」「XML、CSS、RSSに関心がある」の要項を記載してある意味を考えて、その上で働く気があるなら履歴書を送ってくださいと伝える。

読者の中で、この業界を目指す方がいるなら覚えておいていただきたい。この業界で「Windowsの基礎知識がある」というのは、BIOSレジストリの設定ができるレベルであり、「Windowsを持ってます」「Windowsを使ってインターネットを行っています」程度のレベルではない。

また、「Photosopが使えること」は、最低限として『プロとして恥ずかしくないPhotoshopの大原則』に書かれている技術ぐらいは、あたりまえのようにおこなえるレベルを要求したい。

我社の例だと「未経験も可」「WEBを作っている会社」「就業時間が10時から6時」「土日は休み」という条件だけで、面接に臨む若者がすごく多い。

よくある誤解しているパターン1は「勉強したい」という若者。企業に勤めることは働くことであり、学びながら給料をもらえる場ではない。

仕事を選ぶ前に、せめて、最低限必要とされるスキルぐらいは自分で学んできていただきたい。

マンツーマンで指導しなきゃ、モニターの前でフリーズしている人を雇う余裕はとてもない。

 

Today's Move "機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4"(2005/05/27)

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 4人気TVアニメ『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の PHASE-13「よみがえる翼」/PHASE-14「明日への出航」
PHASE-15「戦場への帰還」/PHASE16「インド洋の死闘」の4話を収録。

Amazonの批評を見れば最悪だけど、たかがアニメにそこまで真剣に怒らんでもと思う。

これでもか、っていうぐらい批判している人は見なきゃ怒ることもなく幸せかと…。

ストーリーはともかく、技術レベルでは及第点をあげられると思う。

それなりに楽しめる人だけ見ればいいのだ。

個人的には青い羽根のフリーダムが登場しただけで満足っす(笑)。

 

Today's Music "The 80's"(2004/04/21)

The 80's本日は80年代のヒット曲を集めたコンプリートアルバム。

SONYレーベルが加わっていないのでいささか寂しいが…、ワーナー、EMI、ヴァージンは押さえられているのでよしとしよう。

ワム、バナナラマ、プリテンダーズ、カジャグーグー、カルチャー・クラブ等。

昨日紹介した70年代のヒットソングのパフォーマーは30年を経ても現役が多いのと異なり、80年代のヒットメーカーって、「あの人は今?」的なアーティストが多いのが「何もなかった80年代」を象徴しているのかもしれない。

ところで、80年代といえば私は20代であった。田舎都市から上京した少年にとって、都内の繁華街では店頭から絶え間なく洋楽が流れていたのが驚きであったのを思い出す。


天上天下の乳ゆれフィギュア右は人気アニメ『天上天下』のヒロイン、棗真夜、棗亜夜の海洋堂製フィギュア。胸をさわると、ぷるんぷるん揺れる乳ゆれギミックが実にくだらなくて、よい(爆笑)。

 

本日は少し真剣にMovable Typeのカスタマイズを行う。

色や配置の変更はCSSとXHMLがわかっていれば、デザインイメージさえ決まればデザインのカスタマイズは技術的にさほど困難でないことを知る。

されど、肝心のデザインを最近行っていないので、そちらのほうが今の私にとっては困難かも…(苦笑)

 

午後5時半から開発会議。Movable TypeXOOPSを使用したWebサイトについての意見交換会をを行う。

オープンソースであるゆえの開発者が多い点の将来性、拡張性に優れている点、手がけている企業が少ないことから、XOOPSにおける商品開発を優先することを決める。Movable Typeの開発は捨てるわけではなく、私の担当課題として続けていく。

今日のテーマは「未経験者可の意味は、『何も知らなくてもすべて教えてあげる』ということではない」ということ。

ポストに履歴書が1通入っていた。Webデザイナー希望の23歳の青年。あまりにも未経験者で何もできない人間が多いので面接そのものが嫌になっていたのだが、履歴書を拝見すると今までにないタイプであったので「IT用語についての口頭試問、HTMLがどれぐらい使えるかの試験を行います」とメールを書いて送った。

その後、N子さんにハローワークでのWebデザイナー募集を取り下げるよう伝え、自社サイトに募集を出した。
# ついでに魔よけのために私の写真も掲載しておいた(苦笑)。

ネット募集だけならば、少なくとも過去入社してきて、自分のパソコンを持ってないとか、インターネットを接続してないとか、HTMLを理解してないならともかく、Dreamweaverすら使えないとかいうとんでもない人間が面接に来ることはないだろう。

我が社の募集には「未経験者可」と書かれているが、それは何も知らなくても教えてあげるという意味ではない。少なくともWebデザイナーとして働きたいならば、それが何をする仕事であるのかを知り、基礎知識、基礎技術ぐらいは事前に習得すべきであろう。

Webデザイナーがどんな仕事で、どんな知識や技術が必要なのかはWebサイトや書籍に掲載されているのだから…。

 

間違っているかもしれない。度量が狭いとも思う。

私は自分が本当は不器用な人間であることを知っている。

なので、寝る時間も惜しんでスキルを身につけてきた。

だから、甘い考えで成功を望む人間や、努力を惜しむ人間が許せない。


Movable Typeのデザインカスタマイズを本格的に行った。デフォルトのCSSファイル、HTMLファイルをさわっていたらレイアウトが崩れてしまったのでゼロからレイアウトをやりなおすことにする。

Movable Type独自の拡張タグが何を意味するのさえわかれば、Dreamweaverでレイアウトして、後から独自拡張タグを埋めればよいので、結果的にはデフォルトテンプレートを使用しないほうが、デザインのカスタマイズは楽であることが判明。

ただし、特急でやったので、レイアウトテーブルをスタイル制御に変更しなきゃいけない。

デザインは後からでも簡単に変更できることがわかったので、ひとまずおいて、明日から機能追加に勤しむ予定。

 

マイクロソフトの時期OSサーバーの講習会に行っていたN君が午前中にひきあげてきた。

曰く「そんなことは百も承知、レベル低すぎ」と…。

 

本日、午後4時から面接であったのだが、当事者から午後2時にメールあり。

「他社に内定が決まりましたので、今日の面接はキャンセルをお願いします。」

あらま…(汗)。

 

某社からWEBDBシステムを使っての、通販システムの案件をいただく。夕方から某社へ伺い打ち合わせ。来週までに提案書と見積もりを持って名古屋でマネージメントを行う某社と3社で打ち合わせ。

上記案件は、3月頃にXML+CSSを使ってWEBDBシステムの開発やっておりますと言ってたのを思い出していただいたもの。

仕事がいただけるのはすごくありがたい。

 

Today's Dakiny Back Number

2005 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
2004 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
2003 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
2002 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
2001 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
2000 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
1999 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
1998 Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec